安全大会を開催しました

リンレイサービスは毎年夏に安全大会を開催しています。

第5回目となる今年は7月6日に都内四ツ谷の会場に、現業所代表、協力会社、お客様、グループ企業、本社、支店などから100名以上が参集しました。

今年はBCP(事業継続計画)をメインテーマとし、事故の事例紹介、安全喚起を織り交ぜながら約3時間に渡り行われました。

廣石常務による開催宣言に始まり、片岡社長からは企業の取り組みについての紹介があり、品質管理部から災害事例・事故事例の紹介へと続きました。

動画を使ったストレッチ運動をはさみ、BCP演習では3種類の緊急事態を想定した課題が提供され、起こり得る事態に備えた行動計画をグループで検討し、発表するという流れで行われました。

業務に追われる日々の中、イザ!という緊急事態への対応検討は疎かになりがちですが、慌てずにどのように行動すべきか、事業を継続するには、どのような復旧手順が効果的であるか、という「考え方」を習慣付ける上でも、参加者にとって改めて気付きの機会となったようです。

安全大会後は会場を移して懇親会が行われ、日ごろ顔を合わせることの少ない異業種(清掃、設備、警備、受付、学校用務など)スタッフ同士や、協力会社、グループ企業、お客様らと活発な会話が生まれ、楽しい時間となりました。

廣石常務による大会開催宣言

片岡社長から「リンレイサービスらしさ」の取組みについてスピーチ

今年も100名以上の参加者を集めて行われました

BCP演習はグループに別れ活発な討議が行われました

懇親会では、現業所代表、協力会社、お客様、本社支店スタッフらが交流を深めました